オシャレでカッコいいカメラ三脚「manfrotto マンフロットミニ三脚 PIXI」おすすめ!

こんにちは。Daichiです!!

しろねこ
こんにちは。しろねこです。
しろねこ
最後にサプラ~イズがあるよ!

 

僕のおすすめのミニ三脚「manfrotto マンフロット PIXI」です。

優れたデザイン、軽くかさばらず、どこにでも持ち運べる携帯性。

コスパも良くお値段約2400円でここまで安定感のある三脚はマンフロットぐらいではないでしょうか。
アクセサリを別途で買えばスマホにも取り付けられるので拡張性もてんこ盛りです。

コスパ・デザイン・クオリティーの三点セットです。

オシャレアイテム「Manfrotto マンフロット」ミニ三脚のPIXI(ピクシー)がこちら!

とにかくカッコいいデザイン

もうね脳内ミニ三脚グッドデザイン賞レベルなんじゃないかってくらい惚れ込んでるわけです。

アルミ製とのことですが、木製とも印象付けられてしまう様な質感。
「トントントン」ちょっと小指で小突けば、ぬくもりのある金属音の響きが伝わります。

しっとりとマットな黒地の美しい脚に、メタリックホワイトの「Manfrotto (マンフロット)のマーク」でおしゃれさんアピール!

おしゃれだけど主張しすぎない、三脚をモチーフにしたレッドがメインカラーの「Manfrotto  (マンフロット)ロゴマーク」がにくいヤツです!

今まで三脚という響きに、プロ志向のカメラマンが使うイメージで、デザインも業務ような印象で、正直あんまりオシャレでないんだよなと感じていたんですが、

ヨドバシカメラでこの子に出会って一目ぼれでした。(笑)

あのカッコかわいいレッドのロゴマークが僕の心をつかんで離さないんですよ!!

 

この子「manfrotto マンフロットのミニ三脚 PIXI」には次世代モデルがありまして、

名を「PIXI EVO」というそうな。第一印象は、次世代というよりは「PIXI」のお兄さんかな?て感じに1,2回り大きくなっておりました。

実際に「PIXI EVO」は自撮りだったりカメラ雲台を垂直にしての撮影伸縮できる脚で超ローアングルの撮影もできるなど利点もあり、デザインも申し分ないのですが、

携帯性の点から今回はごめんなさい。となりました。

僕の場合、仕事用のカバンにカメラとミニ三脚を収納していきたいので、その点「PIXI EVO」だとかさばりやすそうだということです。

そんなオシャレアイテムにもなりうる「manfrotto マンフロット」のミニ三脚、PIXIを紹介します。こちら♪

ご注目!こちらがオシャレ三脚manfrotto PIXI 。カッコイイ~。もうキュート過ぎです!

デメリットを挙げるとすれば、ご覧のとおり脚はのびません。長さはざっくり言うと、手の平から中指の先っぽまで、

多段階調整はできず1段固定のみ。なのですが、脚とボール胴体の間接がしっかりした造りで、無理させなければ多段階的な開脚も結構いけます。

一番開脚させた高さは、だいたい手のひらから小指のやや下という感じです。

高さを自由に調整したい!という方は「PIXI」よりも次世代機の「PIXI EVO」ですね。ややお値段しますが、拡張性の点でこちらは負けておりません。

それと自由雲台タイプといって、カメラを取り付ける雲台(このボールの上のアンテナみたいなの)は外すこはできません。

操作方法としてはかなりシンプルで、画面の赤いマンフロットロゴのボタンを「ギュッ」と押すと雲台の下のボールが開放されて角度を調整する事が出来ます。
この雲台を動かすのがスムーズな感触で使っていて気持ちいのです。ボタンを離すとロック状態となり、カメラが固定されます。

無駄をそぎ落としたようなシンプルな設計で、僕のように説明書を見ずに試しちゃう人にも直感的な操作が可能です。

実際にカメラを装着!カメラ&マンフロット三脚です!三脚の黒くマッドな質感に、これまた黒色のカメラ特有の金属質な質感のコントラスト。
ちらっと見える「α(アルファ)」のロゴがアクセントになっています。もう最高過ぎます!

僕の愛用してるソニー一眼レフカメラ、αシリーズの「α6000」をのせてみました。

僕はこの2つをカバンに入れて、ちょっと早起きした通勤途中のちょっとした風景や、仕事の帰り街のネオンを「パシャッ」と撮影しているわけです。

手のひらサイズのミニ三脚、monfrottoのピクシーかなりオススメの三脚です。

 

※ピクシーの詳細な情報を載せておきます。
こちらmanfrotto社より公開されている情報です。

重量 190 g
コレクション/シリーズ  PIXI ミニ三脚
最大耐荷重  1 kg
最低高  13.5 cm
全伸高  13.5 cm
格納高  18.5 cm
最上部アタッチメント  1/4″ ネジ
素材  アルミ、テクノポリマー
コーナーガンバ  45°
ボールロック  はい
Easy Link  No
フリクションコントロール  No
フロントティルト  -35° / +35°
側方ティルト  -35° / +35°
脚タイプ  シングル
脚段数  1
最高使用温度  60 C
最低使用温度  -30 C
パン回転角度  360°
プレートタイプ  fixed – with 1/4-20″ screw

 

このマンフロットPIXIを持ちながらのカメラ撮影は気分がわくわくするんですよね。不思議と自分に自信が出てくると言いますか。

かっこカワイイ三脚「manfrotto PIXI(マンフロット ピクシー)」ぜひチェックしてみてください。

 

こんにちはDaichiです!しろねこがなにやら、やってくれるそうですよ。何かな?

しろねこ
最後まで見てくれてありがと~!こんなことできるようになったよ!
しろねこ
またね~!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です