あれ、一章より面白い!?ド迫力のスケール×フルCG展開『GODZILA-決戦機動増殖都市-』|メカゴジラ現るか!?

 

あ、アニメ版の『GODZILA』、もう2章目出たんだ!

こんにちはDaichiです。
本日もしろねこ先生をお読みくださりありがとうございます。

そういえば今日はピーターラビットが公開されるんだったな~と、久々にTOHOのシネマカレンダーをのぞくと、あれ?アニメ版『GODZILA』の2作目がピーターラビットと同日公開だと!?

「まどかマギカ」「Fate Zero」で有名な虚淵 玄(うろぶちげん)氏が脚本を手掛ける前作『GODZILAー怪獣惑星ー』の2作目(全3部作)、『GODZILA-決戦機動増殖都市-』

 

そこはGODZILAを頂点に生態系が形成された、はるか2万年後の地球」

 

前作、『GODZILAー怪獣惑星ー』では主人公ハルオたちがやっとの思いでゴジラに勝利したかと思いきや、実は、彼らが倒したゴジラ(ゴジラ・フィリウス)は真ゴジラ(ゴジラ・アース)の亜種!そんな彼らの前にゴジラ・フィリウスの10倍、全高300mを超えるゴジラ・アースが出現、ゴジラ・アースの圧倒的な破壊力により、部隊はそれぞれの生死もわからぬままチリジリに!

と、そんなゴジラとのCGバトル展開には胸アツだった前作でしたが…

・正直、登場人物たちによるゴジラSF専門用語の会話が多いこと。
・主人公ハルオのゴジラを憎むセリフが多めで、ややクドイ。
・ハルオ達人間がゴジラを憎むのは分かるんだけど、まるで地球が本来「人間のモノ」のような表現に違和感があったこともあり、
ちょっと期待しすぎた感もあったのです。

とはいえ、あの虚淵さんの作品を見過ごすわけにはいかない!と、ココロの中の使命感に押され、チケットを求めた訳です。

結果から言うと…

 

「あれ!?前作よりおもしろいぞ!!」

 

『GODZILA-決戦機動増殖都市-』のあらすじ

決死の戦闘でゴジラを倒すことに成功する。 しかし、喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。二万年もの間成長を続け生き永らえ、体高 300 メートル、質量 10 万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラの圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう。 そしてハルオを救ったのは、人類の生き残りと目される「フツア」の民、ミアナだった。フツアはこの地球で初めて出会った人型の生命種族である。彼らは人類の子孫なのか――。「フツアの神もゴジラに破れ、今は卵を残すのみ。挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える」という彼らにハルオは、「これは、人類の手に地球を取り戻す、最後のチャンスなんだ」と語り返す。 一方、ビルサルドの指揮官・ガルグは、フツアの持つ矢じりが“自律思考金属体=ナノメタル”でできている事に気がつき歓喜する。それは、21 世紀に彼らが富士山麓で「対ゴジラ決戦兵器」として開発するも、起動寸前で破壊された<メカゴジラ>を構成するものと同じ物質であり、その開発プラントが今もなお、残っている証だった―――。

いかにもな、敵を倒したら更なる強敵が!

というストーリー展開ですよね。一時はもうダメかと思われた人類に、「自立思考金属=ナノメタル」という希望の光が現れたのです。これさえあれば、ゴジラに勝てる!一同を説得するビルサルド指揮官・ガルグ。ハルオもこの案に後押しされる形で再度アース・ゴジラに戦いを挑みます。

このナノメタルが今作では、キーアイテムとなっていくわけなのですが。(良くも、悪くも……)

 

謎の少女ミアナ、彼女の招待とは

ゴジラ・アースに部隊が壊滅され、ハルオも攻撃に巻き込まれ負傷します。そんな彼を助けてくれたのが、人類の生き残りとも思われる謎の少女ミアナ。(ちなみに、彼女には双子のマイナという姉妹がいます)

彼女たちは、「フツアの民」と自らを自称しており、長き年月にわたって自然にか、フツアの因子を体内に取り込むことにより、かつての人類を上回る身体能力や地球の有毒な外気にさらされても活動可能な肺構造を手にしています。

彼女たちの体からは、たびたび黄金色に輝く鱗粉のような粉が、劇中では「フツア」なるモノが人間種に進化の過程で与えたのではと推察されています。

フツアの民はハルオ達と意思疎通を図るうえで紋様の描かれた壁画に手を当てます。それは現在卵となっているフツアの力を借り、テレパシーによって直接脳に意思を伝える方法でした。(え~~~!

彼女等は、なぜ自分たちの暮す森を焼いたのかを問い正します。

フツアの声を代弁するミアナ(左)、マイナ(右)。にらめっこしているのがマイナです。

そんな問いに、ハルオはゴジラを倒すために地球に戻ってきた。人類種がいるとは知らなかったことを弁明。フツアの民も自分たちの神がかつてゴジラと戦いったことからか、ゴジラを敵視・畏怖しているようで、友好的な態度で迎えてくれることとなります。

 

メカゴジラVSゴジラなるか

パワードスーツの装甲をも貫く矢じりに、興味を持つガルグ(左)とベルベ(右)

フツアの民たちが用いる矢に興味を持ったビルサルド人(ガルグとベルベ)が、矢じりを見せて欲しいと願い出ます。なんとその矢じりは、かつて、対ゴジラ戦に開発されたメカゴジラの素材「自立思考金属=ナノメタル」だったのです!(なっ、なんだって~!!)

ナノメタルがどうスゴイかは、専門用語が飛び交いすぎて分かりづらかったですが、対高熱、構造物のコピー作成、自己増殖・修復・強化、有機物を取り込むことで更なる増殖が可能、自己防衛機能。

つ・ま・り

僕の考えた最強の金属!  ってことです。

メカゴジラは登場するの?

え~、結論から言いますと、僕らの知ってるメカゴジラは登場しません!

そのかわり、先ほどのメカゴジラを構成する金属物質「ナノメタル」が今作対ゴジラ兵器として大活用されます。それが今作の副題でもある、ナノメタルでできた「決戦機動増殖都市=ナノメタルプラント」です。もともとはメカゴジラ製造用に作られたプラントですが、ゴジラを倒せという一つの命令のもとナノメタルは自己増殖と進化を繰り返し、2万年の歳月をかけて、プラントごとナノメタル化していたのです。

メカゴジラ出ないの!賛否両論ありますが、僕はメカゴジラは出さなくても良かったよ派ですので、これで良かった気がします。というよりは、メカゴジラVSゴジラというのが、どうも今作の「GODZILA」の世界観に合わないんじゃないかともおもってたんです。

劇中後半で分かりますが、ナノメタルの利用方をめぐって、ビルサルドと人間側・エクシフで揉めることとなります。もしかしたら、脚本段階で、このあたりの話に繋げるため、あえて、メカゴジラでなく、ナノメタルを用いてゴジラを倒すという方針にしたのかもしれません。

 

鬼気迫る終幕戦、人類の勝利とは

ナノメタルプラントを前に意気揚々とするビルサルド一行、プラントを前にビルサルド人・ベルベ「圧倒的だとおもわんかね。ハルオ」。あれ、今フラグ立った?

ナノメタルを巡る人間としての尊厳とは

驚異的なナノメタルを手にした後も、共闘を宣言してくれるビルサルド陣営。しかし、ゴジラを倒した後、ビルサルドがナノメタルで地球を支配するのではと、人間側では不安の声が…

そんな中、ビルサルド兵数名が自らナノメタルに取り込まれるのを見た人間側は、ビルサルド人・ガルグに詰め寄ります。肉体はゴジラ戦で最も脆弱なパーツ。時間がないこの状況で勝つために、一番効率的なのは自信の肉体をナノメタルと一体化させることと説得。故郷を奪った憎きゴジラに勝つためには仕方のないこと、しかし、人を捨ててまで得た勝利に意味があるのか、ハルオは両陣営に板挟みになります。

エクシフ人でハルオのよき理解者であるメトフィエスもビルサルドの「効率的」という言葉に懐疑的な様子。「人間を捨て、ゴジラに勝利したとしても、最後に残るのはすなわち怪物」

そんな時、ゴジラ接近のアラートが!

対ゴジラ戦に急遽改良された、パワードスーツ、改め「ヴァルチャー」を駆り、ハルオ、ユウコ、ベルベは「目的の罠」へゴジラ誘導を図ります。

ぜひ、映画館で見てほしいです。最初、ガンダムかよとあきれ気味でしたが、ヴァルチャーの飛行シーンの迫力が圧倒的にカッコイイ!!

当初の計画通り、何とかゴジラを瀕死状態に追い込んだハルオ達。しかし、ゴジラも負けません。瀕死状態の自らを高温の塊と化し、ナノメタルをも溶かす放熱により、プラントを焼滅させようとします。ゴジラの最後のあがき、しかし、銃弾すら放熱で溶解するありさま、これでは打つ手がありません。そんな時、ビルサルド陣営のとった苦肉の策、それがパワードスーツで最も脆弱な部分=「肉体」を強制的にナノメタル化し、ゴジラの弱点(背中)に特攻することでした。ビルサルドのガルグ、ベルベもハルオなら理解してくれるはずと勝利のための説得を繰り返します。

しかし、自身の肉体、そして自分に好意を向けてくれたユウコがナノメタル化に苦しむ彼女の絶叫を聞き、これが本当の勝利なのかと苦悶します。

ゴジラ戦が近づく中、ユウコが意を決してハルオに自身の気持ちを打ち明ける場面

そんな折、突如、ハルオの通信機からメトフィエスの声が、「ナノメタルを停止させたければ、命令の発信元、中央管制室を破壊するしかない」

あと一歩で憎きゴジラを倒せる、チャンスが目の前にある!
しかし、肉体捨ててまで、あまつさえ、ユウコを失っての勝利に本当に意味があるのか。
中央管制室を破壊すればナノメタルは停止する。しかし、同時にナノメタル化した戦友のベルベやドルドを殺すことになる。

時間は待ってくれません。ユウコの消失、ゴジラの復活、プラントの溶解。究極のジレンマの中、ハルオに決断の時が迫られます。

灼熱の中、何が正しい行動か、苦闘にさらされるハルオ

そして、彼が苦悶の末たどり着いた行動が、中央管制塔の破壊でした。(ベルベ、ドルドを殺す結果になってもです。)

ハルオの管制塔破壊により、ベルベ、ドルドは死亡。ナノメタルの動きが止まったことに気づいたゴジラは、今までの溜まりに溜まった怒りを発散するかのようにプラントを蹂躙、焼き払います。

そして、ハルオが救いたかったであろうユウコ、彼女はナノメタル化の影響で、コクピットから救い出した時にはすでに遅く、ハルオの腕の中でそっと息を引き取るのです。

ユウコ、そして自分を中心に多くの者の命を奪ってしまった悲しみ・責任、プラントを焼き尽くすゴジラ。声にならない声で、ハルオは無念の雄叫びをあげるのでした。

プラントを焼き尽くすゴジラ。圧巻です。

まとめ、人間への皮肉なのか

今作『GODZILA-決戦機動増殖都市-』でメインとなるテーマは、やはり、「人間としての尊厳とはなにか」でしょうか。ハルオを通して、虚淵さんが脚本で伝えたかったことが、このあたりだとするなら、メカゴジラを出さず、あえてナノメタルを採用したこともストーリー構成的に納得です。また、逆説的に、「人間の風刺」にも取れます。こういうの虚淵さん得意ですからね。

また、ゴジラを倒す中で、地球が人類のモノであるというような表現が、やや誇張気味に発せられるシーンがたびたび見られました。これも虚淵さんの視聴者をミスリードさせる何か目的があるように感じてなりません。(もちろん、僕の思い過ごしも過分にあります)

ユウコの死、理由はあったにせよビルサルド人で戦友のガルグ・ベルベを殺したこと、度重なるゴジラ戦の敗北。次回3部作目、最後にハルオはどのような決断を下すのでしょうか。

 

星を喰う者、アニメ版ゴジラ最終章|ギドラ登場なるか

そんな、僕のようにエンディングまでしっかりと見ていた観客に、なんとご褒美のエンドロールが!!

これは、劇中、メトフィエスは、彼等の星を滅ぼしたモノの名前をハルオにだけ明かしました。それは声に出すことすらはばかられるモノの名前。

その名は、「ギドラ」

テンション上がりまくりです。心の中では「ヒャッホー!!」な騒ぎですよ。これはゴジラ、フツア(おそらくモスラ)とギドラの三つ巴のラストバトルとなりそうですね♬(このとき、あまりの嬉しさでハルオのことは忘れています。)

 

『GODZILA 決戦機動増殖都市』予告

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です