”ラグラス(Lagrasse)”をドライフラワーにしてみたよ!

 

こんにちはDaichiです。
本日もしろねこ先生をお読みくださりありがとうございます。

前回の記事で「OCEANS GERDEN」で購入した「シーズン過ぎの”ラグラス”」を「ドライフラワー」にしちゃおうと思います。

 

ではでは!さっそく!!

 

”ラグラス(Lagrasse)”をドライフラワーにしよう!!

ドライフラワーにしようって言っちゃいましたが、“ラグラス”さん、ほぼドライ状態です...

ま、まあイイのです!ええ、大丈夫、続行!!

ラグラスをちょこっと紹介するよ♬

もっこもこ。この白い穂から種が取れるよ!秋に向けて少し採取しました。

ラグラス(Lagrasse)、別名「ウサギのシッポ」

ふっくらとした丸みのある穂がかわいらしい、1属1種の一年草(アサガオやオコザリスとか。属名のラグラスは「野ウサギのしっぽ」という意味で、英語名も「ラビットテール・グラス」。ドライフラワーとしても長く観賞できることで人気の植物。

カラーリーフにするもよし、そういう意味ではなかなか優秀な子です。今回は前述のとおり「ドライフラワー」にするよ!

 

とりあえず、ドライフラワーっぽく下準備

とはいえ、ドライフラワーにするのはけっこう簡単です。

まずは、根元近くからザクザクと切り取ります。(ちょっと我慢してね(>_<))

一年草なので、茎から新芽は生えてこないことに注意!(種をまいて育てるんだよ)

こんな感じに、同じ長さで振り分けます。普通なら、この後、風通しのいい場所でハンギングさせて乾燥させるんですが…..

もう乾燥しているので、このままラグラスを装飾していきます。

 

お洒落なドライフラーっぽく、結ぼう!

ガーデニングでよく見かける、麻や布系の紐が手直にないので、近くにあった100均のマスキングテープを今回は使います。

テープをめくりまして、このままでは紐っぽくないので……

こんな感じで、粘着面を谷折りにして、紐っぽくします。これを長めに作りまして……

茎が折れないように優しく結んであげます。

はい、完成!!

 

ラグラスのドライフラワーができたよ!

うん、なかなか悪くないんじゃないでしょうか!?

やはりドライフラワーに人気の品種だけあってか、ただ結んだだけなのにお洒落に見えますね。

ちょっと余ったマスキングテープで壁に貼り付け、飾りつけました。

ふと時計を見るともう23時!だんだん思考も落ちてくるわけです。

完成した余韻に浸って、”ゆるキャン”のBGM(ゆるきゃんのEDは、何だか落ち着きます)でも流して~、

ゆっくりノンカフェインのコーヒーを飲みながら今夜はもう寝ましょう。

それでは皆さんも、おやすみなさい~…Zzz…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です