「例のアノ娘」が、またやらかす?!|【ガールズアンドパンツァー最終章第1話】|感想・考察・レビュー『前編』

こんにちはDaichiです!

本日もしろねこ先生をお読みいただきありがとうございます。

 

さあ、やってきましたね!ガールズアンドパンツァー最終章の第1話が!!皆さんはもう見ましたか?!

今回、味方にMk.Ⅳ戦車を駆る「サメさんチーム」が加わり、対戦校にはアニメ初の「BC自由学園」がご登場!僕の心臓もパンツァー・ハイ!!高鳴る鼓動はパンツァー・リート!!!

今回、ガルパン最終章を公開する映画館が限られているようで、見られず悔しい思いをした方も多いのでは。そんなわけで、今回ガルパン最終章第1話をネタバレ全開でご紹介!

※注:以下ネタバレを含みます。ネタバレが嫌だという方は今すぐブラウザバックを

ガールズ&パンツァー最終章第1話のあらすじ

そんなわけで、まずは大まかなあらすじから

学園存続を懸けた大学選抜チームとの試合にからくも勝利し、

ようやく平穏な冬の日々を過ごしていた大洗女子学園戦車道チームのメンバーたち

3年生の卒業も控え、生徒会が選抜され新執行部が始動するなど、

小さな変化も始まっていた。

そんなわけで彼女たちに降ってわいた騒動。

再び難問に立ち向かうため、戦車道チームが再始動する。

【公式ホームページ】より

 

新キャラクターと、新戦車の簡単な解説

次にキャラクターの簡単な解説をば。

県立大洗女子学園

サメさんチーム

メンバーは、不良たちの溜まり場と化した学園間最深部(そど子曰く「大洗のヨハネスブルグ」)にあるBAR「どん底」を根城とする、船舶科の荒くれ者5人組。BAR「どん底」の店内には海賊船にまつわるグッズが飾られている。BARの内装は大洗町に実在するカラオケスナック「ドルフィン」がモデル。

過去に成績不良のため、退学の危機に陥っていた彼女らを、学園に残れるよう取り計らってくれた川嶋桃に大きな恩義を感じている。

戦車は、Mk.Ⅳ戦車の改良型。。イギリス海軍が第一次世界大戦で使用した世界で最初の量産戦車Mk.Ⅰ戦車の後継。

お銀(通称「竜巻のお銀」)

Mk.Ⅳ戦車に搭乗するサメさんチームの車長。学園艦の艦底にあるBAR「どん底」に集まる船舶科の荒くれ者たちのリーダー。ロングコートと羽根付きの帽子がトレードマーク。口にくわえているのはパイプ形の飴。

過去、河嶋桃に助けてもらったことから、恩義を感じている。

名前の由来は小説家ロバート・ルイス・スチーブンソンの海洋冒険小説「宝島」の海賊「ジョン・シルバー」

ラム(通称「爆弾低気圧のラム」)

サメさんチームの操縦手。酒を飲んでいるわけではないが、まるで酔っ払いのように、いつも頬を赤らめている。赤毛のチリチリパーマも特徴。お銀のことを「親分」と呼び、慕っている。「うほっ」が口癖。

名前の由来は「ラム酒」。別説では、戦艦の衝角「ram」からとも。

 

ムラカミ(通称「サルガッソーのムラカミ」)

サメさんチームの砲手。サメさんチームの中で最も長身な上、筋骨隆々。制服の着こなしはオーソドックスで、一見真面目そうにも見えるが、荒くれ者のメンバーの中でも特にケンカっぱやい。身長170cm。

名前の由来は、安土桃山時代の「村上海賊」。サルガッソーは、北太平洋にある船の墓場と恐れられる海域「サルガッソー海」。

ちなみに、中の人は、アンツィオ校のペパロニと同じ声優。

 

フリント(通称「大波のフリント」)

サメさんチームの操縦手兼通信手。スラリとした長身の美人で、深いスリットの入ったロングスカートがよく似合う。カラオケが得意でBAR「どん底」のステージでいつも美声を披露している。

名前の由来は小説家ロバート・ルイス・スチーブンソンの海洋冒険小説「宝島」の海賊「ジョン・シルバー」の買っているオウム「フリント」から。

あんこうチームが店に訪れた際、うたっていた曲は「大洗の海賊のうた」。

 

カトラス(通称「生しらす丼のカトラス」)

サメさんチームの砲手。荒っぽい性格のメンバーが多いサメさんチームの中では、比較的クールで無口なタイプ。BAR「どん底」では、バーテンダーとしてカウンターに立っている。

彼女がエプロンを脱ぐときに「ドキリ!」とした紳士も多いハズ!

無愛想だが性格は優しい。「ハバネロクラブ」を舐めて辛さに苦しんでいた麻子にクリームソーダをふるまっている。

名前の由来は海賊が好んで用いていた剣「カトラス」。なぜ二つ名が「生しらす丼」かは不明だが、一説には大洗漁協直営の食堂で生しらす丼定食が名物だからとか。

 

戦車

Mk.Ⅳ戦車

イギリス海軍が第一次世界大戦時に実用化された近代的な、史上初の戦車(タンク)であるMk.Ⅰの改良型。第一次世界大戦時中「メッシーネの戦い」から投入され、主砲は6ポンド砲(口径57mm)を搭載する雄型(メール)と、機関銃のみの雌型(フィメール)の2種類が存在する。1918年4月、ドイツA7V突撃戦車と史上初の戦車戦を繰り広げる。

今作、ガルパン最終章では終盤チームの危機を救う働きを見せた。

BC自由学園

名前の由来は、ヴィシー政権と自由フランス。BC高校自由学園という別々の高校であり、両校の学園間が老朽化したため新しい学園艦を建造することになった際、行政側の指摘によって強引に統合された経緯があるため、 「エスカレータ組」と「受験組」で両者の仲は非常に悪い。

実は、大学選抜チームで副官を務めたアズミの母校だったりする。

 

安藤レナ

BC自由学園戦車道チームの外部生組のリーダー。エスカレーター組の生徒のことを「温室育ち」と揶揄し、受験戦争を勝ち抜いていない人間には戦いができないとバカにしている。試合では、ソミュア35の社長を務める。彼女の車両には緑のスペードのエンブレムが施されている。

学生服時は、プロデューサー巻きの姿が多い。

名前の由来は『ベルサイユのばら』のアンドレ

 

押田ルカ

BC自由学園戦車道チームのエスカレーター組のリーダー。同じエスカレーター組のマリーを隊長として慕っている一方、外部生の安藤とは犬猿の中で、いつも対立をしている。試合では、ARL44の車長を務める。彼女の車両には青いクローバーのエンブレムが施されている。

一説では、蟷螂拳の使い手ではと噂されている。

名前の由来は『ベルサイユのばら』のオスカル

 

マリー

BC自由学園戦車道チームの隊長。おっとりとした性格で、試合中もケーキを食べているほどスイーツが好き。自身はエスカレーター組だが、外部生とエスカレーター組の対立をあまり気にしていない様子。フラッグ車のFT-17の車長を務める。車体には赤いハートのエンブレムが施されている。

優雅でおっとりした印象を与える一方で、お嬢様育ちのせいなのかナチュラルに傲慢な面があり、試合開始時の挨拶では「どうして私が頭を下げなきゃいけないの~?」とお辞儀するのを拒否している。聖グロリアーナ女学院とは正反対なご性格。

名前の由来はマリー・アントワネット

 

戦車

ルノー(FT17)

第一次世界大戦中、自動車メーカーのルノー社が開発した軽戦車。世界で初めて全周旋回式の砲塔を搭載して量産された戦車で、車体前部に操縦手席、車体中央に砲塔を載せた戦闘室、車体後部に機関室を置く、現代までつづく、戦車の基本レイアウトを生み出した。

作中ではマリーが搭乗しており、彼女の車体には赤いハートのエンブレムが施されている。

 

S35

有名な火砲メーカーのシュナイダー社の子会社であるソミュア社で開発された、機械化部隊向きの騎兵戦車。登場時期としては、強力な火砲、厚い装甲に快適な速度と優秀な戦車。ただし、乗員は車長、操縦手、無選手の3名体制で、車長が装填手を兼任しなければならず、車長が指揮に専念できないという欠点も。

作中では安藤が搭乗。彼女の車体には緑のスペードのエンブレムが施されている。

 

ARL44

ドイツ占領下の第二次世界大戦前に開発された1B1bisを密かに研究して開発された重戦車。連合軍によるパリ解放後、ABL(リュルイエ工廠)で生産されることが決まり、ARL44と名付けられる。長砲身の口径90mmの強力な火力、最大120mmの傾斜装甲で高い防御力を備える。

作中では押田が搭乗。彼女の車体には青いクローバーのエンブレムが施されている。

 

ガルパン最終章第1話の流れ

それでは皆様、いざ、ガルパンの世界へ!!

と…

煙ががかった砂塵と硝煙の中、我らがⅣ号戦車のアンコウさんエンブレム!

突然の一発の砲弾がアンコウさんをかすめる!僕らのアンコウさんのお顔が~!!いったいなにが起こってるんだ?!

飛び交う砲弾、響きわたる轟音…

「うちの母校は、まとまりさすれば強いんだから」そう微笑みながら見守るアズミさん。

開始初めから何が何やら、観客も僕も固唾をのんでスクリーンを凝視します。

と、そんな中。はいオープニング。先ほどのシーンは映画の後半で分かります。オープニングは記事の最後にあるよ♬

桜舞い散る中に、我らがガルパンチーム。作中では冬の季節なので、冬の大会が終わった後のイメージシーンでしょうか。

 

桃ちゃんまたもやらかす!ガルパン最終章の内容とは!?

『大洗女子学園の不名誉 河嶋桃さん 留年決定か!?』

はい。ガルパン最終章、今作の話のきっかけはズバリ!

河嶋桃こと、桃ちゃんでした~!!

3年の冬。桃ちゃんは、実力テスト結果のあまり悪さに留年の危機に瀕していた。
本人によると「留年ではなく進学できる大学が無いだけ」とのこと、
それが留年と勘違いされて噂が広まったようだ、正確には留年ではなく浪人の危機である!!

どちらにしてもヤバイです!桃ちゃん!!

無限軌道杯に参加して、浪人回避!?

無限軌道杯』に参加して桃ちゃんを救おう!!

戦車道チーム一同は、桃の浪人危機回避を思案。

そんな中、杏と柚子が受ける予定の国立大にAO入試があることが分かり、桃を戦車道のスポーツ特待生として2人と同じ大学へ進学させることを提案。合格に必要な実績を作るため、桃は20年ぶりに開催される冬季の戦車道大会「無限軌道杯」出場しすることとなる。

進学に必要な実績を作るため、今回隊長は桃ちゃんがお務めすることに。

みぽりんこと、西住みほは副隊長として川崎桃をサポート(はたして上手くいくのだろうか。)

因みにこのポスターの戦車は、フランスのサン・シャモン突撃戦車というらしい。

そこは大洗のヨハネスブルグ、学園艦最深部に巣くう船舶科

無限軌道杯に参加することが決まった中、

桃が以前から戦車道部強化(盤石なものとする)のため、捜索していた戦車が、学園艦の最深部エリアにあることが判明。桃の受験勉強のためにも、案内役のそど子とアンコウチーム一同が、船舶科の不良学生の根城最下層エリアに、戦車探しへと出発するのだった。

いざ、学園艦最深部へ

最深部に降りた一行は、だんだんと、上層と雰囲気が変わっていることに気づく。学園艦最深部、そこは船舶科の不良性とたちが巣くう無法地帯だったのです。

そんな中、そど子がとある船舶科の不良生徒にさらわれる!!どうなるそど子!!

そど子を追っていきついた先、そこは海賊趣味満載のBAR「どん底」とのちにサメさんチームで大会にMk.Ⅳ戦車で出場してくれる「お銀、ラム、ムラカミ、フリント、カトラス」でした。

そど子と交換条件に、アンコウチーム一行はBARで大立ち回りを繰り広げます。

ジリジリと追いつめられるアンコウチーム。そんな中、サメさんチームのリーダー的存在である「お銀」が懸けをしようと提案。

その内容とは、「ハバネロクラブ(激辛ノンアルコールラム酒)」の飲み比べ勝負。
華との接戦のすえ、先に落ちたお銀は負けを認め、そど子を開放するのでした。

そど子が解放され、桃の浪人危機と新戦車の発見を伝える一同。

桃の浪人にびっくりのサメさんチームご一行。(どうやら昔退学の危機を桃に救われていたようだ。)

ちなみに、桃ちゃんの浪人危機の事件って100年に一度ほどの大事件なんですね。笑

実は、アンコウチームが探していた戦車は、BAR「どん底」の倉庫代わりに使われていたのでした。これでめでたしめでたし?

無限軌道杯参戦です!!各校参戦

聖グロリアーナ女学院

さて、場面は変わって各校は無限軌道杯出場のため現地へ移動中。

こちらは聖グロリアーナ女学院の学園艦。全長が大洗の2倍あるらしいです。

相変わらずのダージリン節が響き渡っています。オレンジペコさん、ローズヒップさんもお久しぶりな感じです。

 

プラウダ高校

会話をしているのはノンナクラーラ

プラウダ高。この乗り物は「NKL-16」というスノーモービルらしいです。

カチューシャはロシアの大学に留学したい模様。でもロシア語はしゃべれないんだとか。大学でもノンナさんと一緒かな。

 

サンダース大学附属高校

こちら「CH-54」という輸送ヘリでファイアフライを輸送中。

強豪校、サンダース大学附属高校。ケイはいつも通り、楽観的だけど頼もしい!ナモミはクールにヘリを操縦。

アリサは「決勝で勝てたら片思いの人にふり向いてもらえるかな」とか、片思い全会の乙女モードです。

 

黒森峰女学園

サンダースの次は強豪「黒森峰女学園」。と、あれどうもエリカさんのご様子が…

実は今回、みほのお姉ちゃんこと、西住まほは戦車特待生でドイツに留学中。その為、黒森峰の隊長は逸見エリカが担うことに。

隊長就任に不安を感じるエリカさん。まほは「あなたなりの戦車道を探せばいい」と。今後の戦車戦でエリカさんはどのような成長を遂げるのか楽しみですね。

アンツィオ高校

「ドゥーチェ!」「ドゥーチェ!」「ドゥーチェ!」

相変わらずの「ドゥーチェ!」コール。この子の本名「ドゥーチェ!」でいいんじゃねとすら思えてきました。

「アンツィオは弱くない!いや強いんだ~」その意気です。「ドゥーチェ!」

 

継続高校

サウナ中です。…素晴らしい~。

継続高校は参加しないようですね。あの大学選抜戦のようなシーンを見たかった。

聖グロのダージリン様同様、相変わらずのミカ節がさく裂です。「冬は冬眠するものだよ」

知波単学園

「突撃であります!」「突撃に非ずんば、ヒトに非ずであります!」

無限軌道杯の作戦会議。ここも相変わらずの突撃コール。

みんなが「突撃コール」する中、眼鏡ッ子の福田ちゃんだけ何かいいたげだ…もしや、ついに突撃以外の作戦が行われるのか!?

 

BC自由学園

今作、第一回線目はBC自由学園。どうやら、大洗が全国大会の優勝校と当たってしまったということで、内部で喧嘩が勃発しているようだ。隊長のマリーは知らん顔だが…

今作でもやってくれました。秋山優花里の潜入調査!「潜入!BC自由学園大作戦」

と、何やら不穏な空気が…

どうやら、校内では中等部からの「エスカレータ組(お嬢様派閥)」と受験で入学してきた「受験組(庶民派閥)」の中が悪く、たびたび衝突しているようだ。

戦車道部も例外ではなく、「押田」はエスカレータ組が中心に部隊運用をすると言い、

「安藤」は受験戦争を勝ち抜いてないヤツ等が、戦車戦で勝てるわけがないと、こちらも譲らず。

しまいには、殴り合いの騒動に。

そんな中でも、隊長のマリーさんは無関心。というよりケーキに夢中のご様子。てか、そのモンブランデカすぎでしょ!

まとめ『前編』

そんな、BC自由学園の実情を目の当たりにした大洗戦車道部の面々は、敵が内部でいがみ合っているなら、勝つことも難しくないとやや安心。後にこれが大洗一同を窮地に追い込むこととなったのである…

と、長くなったので、この記事は「前編」「後編」にわけます。

各校、それぞれの思いを胸に、無限軌道杯に赴きます。(一部出場しない、できないヒトもいますが…)
アンコウチームとの第一戦はBC自由学園!何やら冒頭で不穏なシーンが流れましたが、我らがアンコウチームは果たして見事勝利するのか?果たして桃ちゃんは無事大学に進学できるのか?!

 

ガールズアンドパンツァー最終章、第1話OP

ガルパン最終章のOP。佐咲紗花さんが歌う『Grand Symphony』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です